MENU

おまとめローン審査に通らない理由

おまとめローンの審査は一般的に厳しいとされています。
金融機関にとって、おまとめローンというのは多重債務者に対する高額融資を前提としたローンです。

 

ただでさえ貸し倒れのリスクの高い多重債務者に高額なお金を貸すわけですから、金融機関側にとってもリスクの高い融資になります。そのため、審査は厳しく慎重になります。

 

では、おまとめローンの審査に通らない理由にはどのようなものが挙げられるでしょうか。

 

信用情報に事故情報がある

ローン審査では必ず信用情報機関に信用情報の確認を行います。
過去に延滞や債務整理といった金融事故を起こしている場合、返済状況に「異動」と記載されてしまい信用情報機関の間でその情報は共有化されてしまうので、審査すれば一発でわかってしまうのです。

 

おまとめローンの審査では、それだけまとまった額の融資をしてもしっかり返済をしてくれる人かどうかを重視します。そのため現在の借入に対してすでにしっかり返済できていないという履歴がある場合には、まず審査に通らないというわけです。

 

借入件数が多すぎる

おまとめローンを利用するからには大前提として多重債務であると前述しましたが、それでも借入件数が多すぎる場合には審査に通らない可能性があります。2〜3件程度でしたらいいのですが、5件を超えてきますと審査に通りにくくなってしまうでしょう。

 

今現状で5件以上あるという場合には1件でも減らしてから審査に臨むほうがいいです。

 

勤続年数が足りない

勤続年数はカードローンに限らずおまとめローンでも審査において重要な項目です。
他の条件が大丈夫でも、勤続年数で6ヶ月未満だったという理由で審査に落ちる方も少なくないそうです。勤続年数は一般的に、1年〜5年で「普通」の評価となります。

 

特におまとめローンは高額融資になりますので、1年未満の勤続年数だと全額おまとめは厳しいかもしれません。

 

希望額が大きすぎる

おまとめローンはある程度まとまった額の融資が前提のローンではありますが、あまりに希望額が大きすぎる場合には審査に通らない可能性があります。自分ではおまとめすれば返済できる、と考えていても、金融機関側としては危険だと判断される可能性があるからです。

 

おまとめローン審査に通らなかった場合には必ず理由があります。
改めて他社で申し込みをしても、同じ理由で審査に落とされてしまう可能性がありますから、まずは審査に落ちた理由について考えてみて、改善できるようでしたら改善してから再度申込に臨みましょう。