MENU

全額が無理ならプチおまとめ

毎月の支払いが苦しくなってきておまとめローンを利用したいけれど、審査に通らない…
そんなときにはどうしたらいいでしょうか。

 

まず全部を一本化することが難しいのであれば、一部だけでもおまとめしてみることからはじめてみてはいかがでしょうか?おまとめ目的で銀行カードローンに申し込みをした時に、希望額は120万円だったのに50万円しか枠がもらえなかった…などというケースは少なくありません。そうした場合には、まずはその50万円で一部の金利の高いローンからまとめてしまうのです。

 

金利の低いローンで借りかえることで、一本化できなくとも今よりは少しは利息負担が少なくなりますし、今後遅れずに返済を続けていくことで増枠してもらえる可能性もあります。

 

どうにも厳しいという場合には債務整理を

しかし、それでも厳しいような状況になっているようでしたら、検討していただきたいのは債務整理です。

 

状況にもよりますが、毎月遅れることなくきっちりと返済できているのでしたらまだおまとめの可能性もあるかもしれませんが、すでに延滞してしまっているというような状況でしたら弁護士などに相談のうえ、債務整理を検討してみてもいいでしょう。

 

債務整理とは?

債務整理というのは、返したくても返せなくなった借金に困っている人を再生させる方法のことです。法的に借金を見直して、無理のない生活を送ることができるようにするというもので、いくつかの種類があります。

 

方法によって借金を減額できたり、また帳消しにできたりするのですが、その分デメリットも非常に大きいです。

 

まず信用情報に傷がつきます。
5年?10年という長い間新規でローンを組むことはできなくなりますので、近い将来車のローンや住宅ローンを組むという方にはかなり厳しいです。

 

また債務整理の方法によっては官報に名前が載ったり財産を手放したり、資格のある職業に就けなくなったりといったデメリットが発生するのです。

 

債務整理は最後の手段

自分では返済しきれないほどの借金になってしまっている場合には債務整理という選択肢になってしまうかと思いますが、債務整理はあくまでも最後の手段です。

 

なんとか返済しきれる程度でしたらおまとめローンで返済するのがベストかと思いますが、とはいえ、状況は個人個人で違ってくるかと思います。

 

どうしたらいいのか悩んでいる場合には、まずは自治体で行っている無料の借金相談や弁護士などお金のプロの方に一度相談してみるのも手です。取り返しがつかないことになる前に、早めの段階で検討をはじめましょう